勝浦(かつうら) / 外房 千葉県



   勝浦の紹介

勝浦のダイビングサービス


  • ボートポイントはダイナミックな地形とたくさんの魚たちが楽しめます、また黒潮の影響を受けて大型回遊魚が出現することもあります。
  • ビーチポイント(鵜原)は水深が浅めでエントリーもしやすいため初心者講習などにも向いています
  • VAMOSから勝浦までは順調に行けば片道2時間ちょっとで到着します。普段は2本潜ったあとに地元のお店で新鮮な魚料理などを食べても18時前後には戻ってくることができます。
  • 毎月第一土曜日はビーチでナイトダイビングが可能です。
  • 日帰ツアー価格の目安:2ビーチ¥18,000〜、ボート1本につき¥3,000


  • ビーチポイント(志村ビーチ)

    ビーチポイントは勝浦海中公園の展望塔の近くです。ただし水中から展望塔に近づくことは禁止されているのでご了承下さい。
    かつて生簀として使っていた施設や潮の干満によってできるタイドプールで基礎的なスキルの練習をすることができます。
    海のほうも水深は浅めでダイビングやシュノーケリングの練習にも適した所です。

    タイドプールでマスククリアやシュノーケルの練習 海中展望塔をバックに生簀に向かって飛び込みエントリー!



    ボートポイント

    ボートポイントの乗船時間は5〜10分ほど、潮あたりも良く条件がよければ回遊魚なども現れます。黒潮が大接近すれば透明度も急上昇、魚の大群に囲まれて大興奮となることもあります。
    ただしそのぶん流れが早いこともあり、水深も深いところがあるためある程度経験を積んだダイバー向けのポイントです。

    メインのポイントは2箇所で、イソムラは水中にそそり立つ根がダイナミック、ベンテンはイソムラよりは穏やかなイメージですがこちらも流れが入れば魚がびゅんびゅん泳ぎ回る姿を見ることもできます。

    また冬場のみオープンするウマノセは更にエキサイティングなダイビングが楽しめるそうですが、ここには私もまだ潜ったことがありません。ぜひ行ってみたいと思っているポイントです!

    (勝浦ではカメラを持っていない時に限って "!" なダイビングになるんですよねぇ。そういう写真は今しばらくお待ち下さい)
     

    ボート乗り場は目の前残念!今日は濁ってます