行川(なめがわ) / 外房 千葉県



   なめがわの紹介

なめがわのダイビングサービス


  • ボートポイントはダイナミックな地形とたくさんの魚たちが楽しめる経験者向きのところから、水深も深くなくボート初心者でも潜れるところまで数箇所あります。
  • ビーチポイント(コミナリ)は水深が浅めで初心者講習などにも向いています
  • VAMOSからなめがわまでは順調に行けば片道2時間ちょっとで到着します。普段は2本潜ったあとに地元のお店で新鮮な魚料理などを食べても18時前後には戻ってくることができます。
  • 日帰ツアー価格の目安:2ビーチ¥18,000〜、ボート1本につき¥3,000、新浜プチボートは¥1,000


  • ビーチポイント

    ビーチポイントは階段やハシゴを使って堤防を乗り越えてのエントリーとなります。海からあがるときはハシゴを登ることになるのでフィンの素早い脱着の練習になります。
    水深は浅めで砂地の生物や岩場の壁にウミウシなどの小さい生き物などを多くみることができます。
    また水路部分には季節来遊魚なども見られ、初心者でもゆっくりと楽しむことができます。

    ビーチの人気者 ウミウシ多いですきれいな魚もいっぱい!



    ボートポイント

    ボートポイントの乗船時間は5〜10分ほど、マグロ根などでは潮あたりも良く条件がよければ回遊魚なども現れ、黒潮が大接近すれば透明度も急上昇して魚の大群に囲まれて大興奮となることもあります。
    ただしそのぶん流れが早いこともあり、ある程度経験を積んだダイバー向けのポイントです。

    ボートポイントには水深が浅めで流れがはいることも少ない黒岩もあり、根のまわりにはネコザメなども見ることができます。
    また乗船時間3分で行けるプチボートポイントの新浜なら波や流れの影響もほとんど受けずに潜れるので、ボートの講習や減圧を気にせずにゆっくりと楽しみたいという方にオススメです。


     

    黒岩にてボートは漁船タイプ