大瀬崎(おせざき) / 西伊豆 静岡県



   大瀬崎の紹介

大晦日の大瀬崎にて秀峰富士を望む


  • 大瀬崎は地図でいえば西伊豆の左上にちょっと突き出した形をした岬ですが、この形が海のバリエーションを増やしてダイビングポイントの魅力を高めています。
  • VAMOSから大瀬崎までは片道3〜4時間ですが、帰路は潜水後の高所移動リスクを減らすために食事を含めた時間調整を行うため、日帰りツアーで都内に戻ってこれるのは概ね20時を過ぎる頃になります。
  • ツアー価格の目安:大瀬崎2ビーチ(日帰り)¥19,500〜、大瀬崎4ビーチあるいは井田&大瀬崎各2ビーチ(民宿1泊夕朝食)¥36,000〜
  • 大瀬崎は宿の目の前がダイビングポイントなので泊まりでナイトダイビング(水・土・日曜日に開催)や早朝ダイビングを楽しむことも出来ます。


  • 湾内(ビーチ)

    大瀬崎に到着して最初に目にするのが「湾内」と呼ばれるポイントで、風やうねりの影響を受けにくく初心者の講習などに好適です。 しかし初心者OKだからといって決して退屈なポイントではありません。
    海の中に広がる砂地や沈んでいるオブジェにはさまざまな生物が見られ、毎週のようにここに通って潜るベテランダイバーも大勢いるほどの魅力を備えた海でもあります。

    ダイビングサービスの施設も整っていて年間を通して快適に潜れるので、伊豆の海の季節の移り変わりを知ることが出来る絶好のポイントであり、そこが楽しみでもあります。
    VAMOSオーナーの個人的な意見では透明度が良くなり魚も多い秋がオススメですが、水が澄むとともに海から出ると富士山がくっきりと望める12月から2月頃の冬の大瀬崎にも捨てがたい魅力があります。


    ゴンズイ玉が見られる時も 小さい被写体にも事欠きませんナイトダイビングも楽しめます

    冬も終わりを告げて春の便りが聞こえてくる頃になると水が濁りがちになってしまいますが、この時期ならではの深海からの珍客やアオリイカの産卵など見所はつきません。
    一方真夏の海水浴シーズンは潜水エリアが限定されてビーチは人であふれるとともに、初心者ダイバーも多く水の中は巻き上げられた砂で視界も落ち気味になるので、講習や体験ダイブ以外では早朝やナイトなど時間を選んで潜ったほうが無難かもしれません。



    先端(ビーチ)


    文字通り岬の先端部分にあたり潮通しが良いため魚がいっぱい見られます。特に夏から秋にかけては赤や青の色とりどりの小魚が群れ泳ぎ、その中を泳ぐのはとっても気持ちが良いものです。
    ただビーチは丸っこい石がごろごろしていて歩きにくいため、女性や年配ダイバーのなかにはやや苦手に思う方もいますが、経験を積んで歩き方のコツも覚える頃にはとても楽しいポイントになっていることでしょう。
    なおここは大瀬神社の敷地内という神聖な場所にあるので節度を持った行動を心がけるとともに、原則として土日祝日しか開放されていないので予めご承知おきください。

    ソラスズメに囲まれてピカチューも登場!




    外海(ビーチ)


    岬をはさんで湾内の反対側(西側)一帯が外海と呼ばれるエリアで、エントリーポイントが何箇所かあって海の中の様子もそれぞれの楽しみ方ができます。
    目の前には駿河湾が広がり水中もゴロタ部分からその先に広がる砂地が気持ちよいポイントですが、西風の影響を受けやすくまた流れが強くなるときもあるので注意が必要です。